裏バイト・闇バイトとはどんなもの?

学生などを初めとして、アルバイトで収入を得ているという人は非常に大勢います。

 

どういったアルバイトをするかによって、拘束される時間も変わってきますし、もちろん職種や勤務内容によっては手に入れることができる収入にも差が出てきます。

 

どうせ働くのであれば、当然よりお給料が高いアルバイトを選びたいものですが、高収入な仕事ほど、その内容もきついものとなるのが一般的です。

 

しかし、比較的楽な勤務内容で、高収入を得られるというものもあります。しかし、こうしたアルバイトの中には、法的にグレー、あるいは違法行為となるものもあり、安易な気持ちで始めてしまったものの、取り返しのつかない事態にまで発展してしまうこともあります。

 

こうしたアルバイトは、俗に『裏バイト』や『闇バイト』と呼ばれ、その仕事の内容も実に様々なものがあります。

 

裏バイト・闇バイトの中の一つに、パチンコやスロットの打ち子と呼ばれるものがあり、時給相場は雇われる形態によって異なり、ただパチンコやスロットで遊んでいるだけで収入を得ることができるというものです。

 

この他に、出会い系サイトのサクラの裏バイトも存在しています。

 

しかしこれらの裏バイトや闇バイトは、どちらも詐欺罪が適用されるリスクがあるので、雇用した人間はもちろん、アルバイトをした人も罪に問われる危険性があることだけは忘れてはいけません。

 

知らずにアルバイトをしてしまったというケースもありますが、決して言い訳になるものではないので、胡散臭いアルバイトには手を出さないことが一番です。

 

公に表に出てこない裏バイト・闇バイトも

バイト情報誌やバイト紹介サイトなど公には出回らない、半ば都市伝説的に浸透している裏バイト・闇バイトも存在しているようです。

 

多くの人が一度は耳にした事がある『ホルマリンプールに漬かった死体の管理』は、いわばメジャーな裏バイト・闇バイトといえます。

 

具体的に解説をすると、大学病院の地下などには一般の人が立ち入れないゾーンがあり、その一つが『ホルマリンプール』です。

 

そのプールには医療関係者の死体が沈めてあるのですが、死体の中でガスが発生するとぷかーんとプール表面に浮いてきてしまいます。それを棒状の物を使って、再びプールに沈めるというものです。

 

都市伝説として広まっている話なので、その真偽が気になる人も多いと思いますが、恐らくこの話は本当である可能性が高いです。

 

あなたは『人体の不思議展』というような展覧会(というのか?)に行った事がありますか?

 

これって人体模型?と思われるものや人の臓器などが展示されているのですが、実はそれってほとんどが本物なんです。

 

医療関係者と一緒にそれを見たことがあるのですが、素人の私からすれば『これって本物なの?』って気になりますよね。その医療関係者の知り合いに聞いてみると『多分本物じゃないかな?』というのです。

 

『え?じゃあこの展示されている人たちはどういう人たちなの?』という問いかけに対しては、『恐らく全員医療関係者かその家族のご遺体だと思うよ』とのこと。

 

医療関係者の場合、万が一自分が死亡した際には、後学の為に死体を提供するケースが珍しくないそうです。その一環が、人体の不思議展のような展示物になることかもしれません。

 

しかし医療関係者が死亡したら、直ぐにその遺体の用途が決まるとも思えません。

 

となると…例のプールが使われるのかも知れませんね…

関連ページ

高時給バイトの理由
アルバイトの中でも時給が高い仕事には、それなりの理由があるもの。どうして相場よりも時給が高くなるのか4つの傾向を見てみましょう。
どうしても闇バイトをしたくなった時の注意点
どうしても短期間でお金を稼がないといけない状況で、怪しいと思っていても闇バイトを考えている方へ、最低限の注意点だけは守ってください。
荷物転送の闇バイトの危険性
自宅に届く荷物を着払いで転送するだけでお金がもらえる楽なバイトですが、その驚愕の実態を見てみましょう。
風俗で働いても儲からない落とし穴
女性が短期間で稼げるバイトの代表格といえば風俗。しかし自分の体を売ったのに稼げなかった…という最悪の落とし穴がある事も知っておきましょう。