女性の高時給ワーク代表「風俗バイト」の落とし穴

女性の高収入バイトにはさまざまな種類がありますが、短時間で高額なお金が本当に稼げるのかという疑問も持ってしまうものです。

 

例えば風俗の業界です。男性に性的なサービスを提供するのが風俗の仕事ですが、求人広告などに、「1日5万円の高額も可能」などと書かれている事もあります。

 

風俗バイトは客単価が高いため、例えばデリバリーヘルス嬢(デリヘル)やホテルヘルス嬢(ホテヘル)として働けば、1人のお客さんを相手にするだけで最低でも7,000円くらいは稼げます。時間は1時間くらいです。

 

従って時給は7,000円となるのですが、これにはカラクリがあります。この時給は、あくまでも自分が店に出勤している間にずっとお客さんがついていてくれた場合なので、実態はそうではありません。

 

店が暇な日や平日の昼間などはずっと待機しているだけで、お客さんからのご指名がないことも珍しくありません。

 

指名を取る為に風俗情報誌や風俗情報サイトに写真を掲載するのも一つの手段ですが、あまり露出を高めると知り合いにバレてしまう身バレのリスクが高くなります。身バレリスクを下げる為に、近隣の県で風俗バイトをしているケースもありますが、風俗情報誌は近隣の県の情報も掲載していることが多いので注意しましょう。

 

朝の11時から夜の8時までの9時間出勤したものの、この間にお相手したお客さんがたった1人で、この際の報酬が仮に7,000円だとすれば、9時間出勤してこの日の報酬が7,000円ですので時給換算では780円程度になってしまう訳です。

 

ただし、店のナンバーワンの看板娘になると話は別で、1日6時間出勤してその間に4人のお客さんから指名をもらった場合、1日の報酬は28,000円になります。6時間出勤ですので、この場合は時給になおすと約4,670円になります。これが風俗の世界の高時給のカラクリなのです。

 

店によっては1日に1度も指名がなくても、店が指定する時間に出勤すれば待機料などを支給してくれる店もありますが、この場合は週の出勤日数と拘束時間は店が決めますので、それらをクリアした場合に支払われるなどの仕組みになっています。

 

店にとっては女の子の出勤が0ならば商売になりませんので、こういった待機料を払って一定人数の女の子を確保しておこうとするわけです。この世界で高時給を稼ぐには、何といってもお客さんの指名を増やすことが必須になります。

関連ページ

高時給バイトの理由
アルバイトの中でも時給が高い仕事には、それなりの理由があるもの。どうして相場よりも時給が高くなるのか4つの傾向を見てみましょう。
裏バイト・闇バイトとはどんなもの?
裏バイト・闇バイトと呼ばれる怪しいけど時給が高いバイトとは、一体どのようなものがあるのか?その概要を見てみましょう。
どうしても闇バイトをしたくなった時の注意点
どうしても短期間でお金を稼がないといけない状況で、怪しいと思っていても闇バイトを考えている方へ、最低限の注意点だけは守ってください。
荷物転送の闇バイトの危険性
自宅に届く荷物を着払いで転送するだけでお金がもらえる楽なバイトですが、その驚愕の実態を見てみましょう。